着け方と体に合うかのチェック法を説明

お腹の肉でバストアップ!寄せて上げる正しいブラの付け方選び方

皆さん、バストにあったブラジャーをしていますか?ブラジャーは、装着時に美しく胸を整えるだけでなく、胸のサイズや形にも影響を及ぼします。試着もせずにいつものサイズを買っていませんか?

私自身、「サイズを下げた方がいいのかな」と思い下着屋さんで見て頂いたところむしろ1サイズ上を勧められたという、若干恥ずかしい経験があります。実際、店員さんが勧めてくれたサイズを着けると、多少動いても胸がきっちりカップ内に収まったままで、1日きれいなバストラインを保てるようになりました。

加齢や体型の変化でバストは変化していきます。ぴったり体に合うブラジャーを着けることが、美しく豊かな胸をつくるために最も大切なことです。女性にとって身近な存在であるブラジャーですが、この機会にブラジャーの着け方をおさらいし、本当に体にあっているか、改めて見直しましょう。

ブラジャーの正しい着け方

1 前かがみになり胸にカップ部分を下から合わせ、ストラップを肩にかけます。

2 前かがみのまま胸とブラジャーの間に手を差し入れ持ち上げるように乳房をカップ内に収めます。

3 体を起こしストラップを調整します。

いつもこのようにブラジャーを着けていますか?続いてサイズがあっているか確認していきましょう。

サイズ選びのチェックポイント

「下を向くとカップが胸から浮く」 アンダーかカップが大きい可能性があります

「脇から脂肪がはみでる」 カップサイズを上げましょう

「よくストラップが落ちる」アンダーサイズが大きいか、なで肩
なで肩の人は、ストラップが幅広の物を選びましょう。

ブラジャーのセルフチェック法をお伝えしてきましたが、最適なブラジャーを選ぶ最も確実な方法は店員さんにみてもらうことです。このセルフチェックを参考に、機会があればランジェリーショップの店員さんに採寸やフィッティングを頼みましょう。思ってもみなかった着け心地のよい下着を見つけられるかもしれませんよ。

また一年以上サイズを測っていない人は要注意です。早急にブラジャーの見直しを行いましょう。

高いエステに行かずにバストアップするならコレ!