運動時のスポーツブラ装着を推奨

揺らすな危険!バストアップのために大切なこと

あなたはブラジャーをいつも着用していますか?最近ではカップ付きのタンクトップなど、必ずしもブラジャーを着けなくても良い商品なども登場しています。ブラジャーの締め付け感が苦手な方や、家でくつろぐ時には重宝するかもしれません。

しかし、特にブラジャーを着けなければならない場合もあります。それは運動時です。ここでは、なぜ運動時にブラジャーを着けなければならないのかということを、バストの構造から説明します。

胸には、そのハリを支えるクーパー靭帯というものが存在します。上向きバストを造るために胸筋を鍛えるという方法をご存じの方もいると思いますが、バストの形を決めるのはむしろクーパー靭帯がメインです。なぜ「クーパー靭帯を鍛える」といったエクササイズが存在しないかというと、クーパー靭帯が一度伸びると二度ともとに戻らないものだからです。

そもそもクーパー靭帯とは乳房を引っ張り上げるゴムのような組織です。胸の表面と、胸の内部にある乳腺をつないでいます。このクーパー靭帯がバストのハリをつくり、垂れないように踏ん張ってくれているのです。年をとるとなぜバストが垂れるかというと、生活の中でクーパー靭帯が伸びたり切れたりしてしまったからです。クーパー靭帯が伸びたり切れたりする最大の要因が、運動などによる上下方向の揺れです。

ブラジャーをしていない状態で運動を行うと、バストを支え位置を固定するものがない状態ですので、バストは揺れ放題、クーパー靭帯を酷使することになっていまいます。そもそも胸を揺らすと乳房の脂肪を燃焼してしまうということもありますので、脂肪量が減少すると同時に垂れ下がった下向きバストになってしまうということで非常に危険です。

もちろん、カップ付きインナーも利点がありますので生活にうまく取り入れるのが良いのですが、特に運動時には、美しく豊かなバストを守るために、必ずブラジャーを着用しましょう。激しく動いてもずれにくい、スポーツブラ等を活用しましょう。

高いエステに行かずにバストアップするならコレ!