バストアップの効果を得るために確実な方法

冴えない小さな胸とはさよなら!本当に効果のあるバストアップ術

豊胸手術やサプリメント、美容成分の注入などバストアップに関するものには実にいろいろな種類や方法があります。次から次へと発売されたり紹介されたりするバストアップ法に大きな胸を目指す世の女性は敏感。あれこれ試してみては、その効果に一喜一憂しています。

いろんなのもの試しているのに全然大きくならない自分の胸に「バストが大きいひとは、生まれつきの体質なのだ・・・」とすら思えてしまいますが、それはバストを大きくするための基本的なものが体に備わっていなければ、どんなバストアップ法を試してみても効果が発揮されていないのかもしれません。

コラーゲンやヒアルロン酸の注入などをやってみる前に、まずは基本的なものから試してみましょう。

バストのふくらみは脂肪で出来ています。その脂肪を支えるために必要なのは筋肉です。けれど、この筋肉をただ鍛えればいいというわけではありません。鍛えることは大切なことのひとつですが、鍛えるときに気をつけなければいけないことがあるのです。

胸の筋肉といえば大胸筋。大きくなりたい一心で、この大胸筋を集中的に鍛えてしまいがちなのですが、そればかり鍛えるとバストの形が偏ったものになってしまいます。バストの形を綺麗に整えながら大きくするには大胸筋も大切ですが、このほかにお腹の筋肉である腹筋、背中の筋肉である背筋を動かしバランス良く鍛えることが、バストアップへの一歩です。

次に大切なのは女性ホルモンです。大きい小さいに関わらず胸のふくらみが女性の特徴であるように、ふくよかなバストには女性ホルモンが関係しています。このホルモンの活動を助け力を発揮させるには、サポートしてくれる食品を食べることも必要です。けれど、ただ食べるより、食べたほうがより良い効果があるタイミングがあります。

女性の体には一定の周期があり、この周期をコントロールしているのが女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」。それらに良いとされている成分を含んだものを適した時期に食べることでバストアップ効果を期待できます。

エストロゲンに良いとされているのはボロンという成分で、キャベツやワカメ、とろろ昆布、ハチミツやアーモンドなどに含まれています。月経期から黄体期に摂取してみましょう。プロゲステロンに良いのは、ビタミンEを多く含む食品です。かばちゃや、うなぎ、玄米などに含まれています。これらは黄体期から月経期までに摂取すると良いものです。

またアーモンドにもこの成分が含まれていますので、どのタイミングでも効果を期待できます。

タイミングなんて今まであまり考えてこなかった、というひとは多いと思いますが、女性の体は日々変化しています。この変化に合わせて適した食べ物を摂れば、体にも効果が出やすく、女性特有の問題である生理不順や生理前のイライラにも対応出来ると言われています。

体を知れば、それだけバストアップの効果も期待できます。タイミングよく摂取して、今までの冴えなかった自分の胸にお別れを告げましょう。

高いエステに行かずにバストアップするならコレ!