豊胸手術の各術式の特徴を比較

豊胸手術を考えている方必見!主な術式のバストアップ効果と注意点

豊胸手術には様々な術式がありますが、それぞれ長所と短所があります。お医者様とのカウンセリングの前に手術について大まかにでも知っておけば、よりスムーズに自分のバストの悩みや希望を伝えることができます。自分はどの手術方法がよいか、これから検討してきましょう。

手術方法はたくさんありますが、今回は主な方法として豊胸バッグ挿入法、脂肪注入法、コンデンスリッチ豊胸法の3つを紹介します。この3つを押さえておけばほぼ問題ありません。

はじめに、豊胸バッグ挿入法についてご説明します。これは名前の通り、人工乳腺と呼ばれる豊胸バッグを胸に入れてバストアップさせるという方法です。豊胸バッグの中身には様々な種類があり、生理食塩水、コヒーシブシリコンバッグ、バイオセルバッグ、メモリージェルバッグ、ハイドロジェルバッグ、アシンメトリーバッグ、シリコンジェルバッグ、CMCジェルバッグなどがあります。中身によって感触が異なります。また病院によっては実際に触って選ぶことができるところもあります。

豊胸バッグ挿入法のリスクはバッグが破れ中身が体内に流れ出てしまうことですが、万一バッグが破損した場合も身体に全く影響の出ない生理食塩水や、他にもバッグが二重構造になっているものなど、様々なリスク回避策が生まれ、安全性が高まっています。

次に脂肪注入法についてご説明します。脂肪注入法とは、自分の腹や尻、太ももなどの脂肪を抜き取って、その脂肪を胸に注入するというものです。腹や太ももの脂肪を減らして胸を大きくできるなんて、嬉しい限りですよね。感触も、自分の脂肪なので違和感がありません。

この方法の良い点は、先ほどの豊胸バッグとは異なり自分の体の脂肪を用いるので、体の拒絶反応が起きないという点です。豊胸バッグは、体の拒絶反応によりバッグの周囲に硬い膜ができ痛みやバストの感触の硬化などを伴う「被膜拘縮」という現象が起きることがありますが、脂肪注入法では起こりません。

ただし、脂肪注入法にも注意すべきことがあります。注入した脂肪全てがバストとして定着するわけではないということです。胸に注入した脂肪のうち定着するのは一部で、残りの50~80%は体内に吸収されてしまいます。そのため、一度の手術で劇的にバストアップしたい方には不向きです。この手術では、一度に1~2カップ大きくするのが限度と言われています。また、脂肪の一部が定着や吸収がなされず石灰化してしまう場合があります。この場合、脂肪がしこりとなり見た目がぼこぼこになってしまいます。そういったことが起きる可能性もありますので、注意してください。

最後にコンデンスリッチ豊胸法についてご説明します。これは最近考案されたばかりの新しい手術方法です。さきほどご紹介した脂肪注入法の発展形とも言える方法で、体から吸引した脂肪を遠心分離機にかけ、不純物を取り除いた後に体に注入するというものです。不純物を取り除いたので脂肪の胸への定着率がアップし、また胸に石灰化した脂肪のしこりができにくくなっています。また手術時間も脂肪注入法の半分程度になっています。最新の方法なので施術してくれる病院は限られています。この方法で手術を行いたい場合は施術可能な病院なのかしっかり確認しましょう。

以上、主な豊胸手術の方法をお伝えしました。どの方法もそれぞれ長所と短所がありますので、手術前にお医者様とよく相談し、最適な方法を選びましょう。

高いエステに行かずにバストアップするならコレ!